安室奈美恵さんが引退を発表してから、
連日ニュースになっていますね。

 

今回はそんなアムロちゃんの
タトゥーについて!

 

【スポンサードリンク】

安室奈美恵がタトゥーを消した方法は?

安室さんが引退するにあたって、
今年の紅白の大トリを務めるのでは?
と注目されていますよね。

 

NHK側はオファーに必死ですが、
安室さん側は乗り気じゃないようで・・・

過去に出場した際に『腕のタトゥーを隠してほしい』とNHKサイドが強く要望したことで安室が不信感を持つようになった。
現在は『タトゥーを消した』といわれているので出場に問題はないと思われていましたが・・・

引用:https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171011-10097601-dailynewsq

え、安室ちゃんってタトゥー消したの?
紅白に出る出ないよりも
こっちの方が気になっちゃいました!

 

安室奈美恵さんの左腕に
入ったタトゥーはかなり有名。

安室奈美恵

 

それがここ数年で、
徐々に薄くなっているんです。

 

安室奈美恵

安室奈美恵

 

タトゥーを除去する方法としては、
切除手術やレーザー手術があります。

 

除去方法について、
Naverまとめ見たら
結構グロかった〜(泣)

 

切除手術は傷が残るので、
安室さんが行ったのは、
レーザー手術でしょうね。

 

レーザーでは1度で消えるわけでは
ないので、何度も施術をして、
だんだん薄くなっていきます。

 

最近ではピコレーザーという
最新のレーザー手術なんかも
出てきているみたいで、
こちらだと従来のレーザーより、
半分の期間で除去が可能らしいです。

 

除去手術も進化しているということは、
それだけ需要があるってことですね。
若気の至りやファッション感覚で
入れたけど後悔する人が多いんでしょうね。

 

ですが、安室さんのタトゥーは
決してファッション感覚のものではなく、
深い意味があったんです。

 

【スポンサードリンク】

タトゥーの意味について

安室奈美恵

安室さんがタトゥーを入れたのは、
お母様が亡くなられた後。

 

左腕の丸いデザインの中の文字は

 

JUN.30 in 1950 my mother’s love live with me Eternally in my heart R.I.P MAR.17 in 1999

 

こちらの意味は、
お母様の生年月日の1950年6月30日
母の愛は私と一緒に生きている私の心の中で永遠に
R.I.P=rest in peace(安らかに眠れ)
1999年3月17日は亡くなられた日

 

その下にはHARUTO(息子さんのお名前)
入れられています。

 

お母様の愛を忘れずに生きていくこと、
自身も母親になってその覚悟として、
このタトゥーを入れられたんですね。

 

個人的にはタトゥーは
どちらかというと反対派だったのですが、
安室さんのはとっても意味が深くて、
ちょっと感動しちゃいました。

 

ここまでの覚悟があって、
かっこいいものならありかなと思います。

 

タトゥーを消した理由は?

安室さんがタトゥーを消した
理由が気になりますが、

 

“息子さんを気遣って・・・”

 

と言われているようです。

 

本人が語ったわけではないので、
真相はわかりませんが。

 

安室さんは左腕の他にも
右腕にバーコードのような
デザインのタトゥーも入れていましたが、
こちらも消しています。

 

これは私の勝手な想像ですが、
彼女のタトゥーはかなり印象的だったので、
引退に向けて消したというのも
あるのかな?と思ったり。

 

引退を発表してから
連日ニュースになりまくってますが、
もうそっと見守るだけでいいのに・・・。

 

でもこれだけ騒がれる、
輝いているうちに引退を決意したのは
本当にかっこいい!

【スポンサードリンク】