秋ドラマが最終回を迎え、次の冬ドラマをチェックしないとですね〜

 

それにしても、ドラマの最終回を迎えるのって、
毎回本当に寂しい。

 

私はそんなにたくさんのドラマは見ないんですが、
ハマると、とことんなので・・・

 

逃げ恥が終わったら何を楽しみに
1週間過ごせばいいのか。

 

そんな私が次の冬ドラで気になっているのが、
1月18日スタートの「東京タラレバ娘

 

逃げ恥と同じく、漫画が原作のドラマですね!

 

ということで、今回は「東京タラレバ娘」のあらすじや
キャスト、主題歌について、チェックしたいと思います!

【スポンサードリンク】

「東京タラレバ娘」とは?

東京タラレバ娘

東村アキコさんの漫画が原作です。

『Kiss』にて2014年5月号より連載中。

 

2013年9月に、2020年のオリンピック開催地が東京に決定した後、
作者のアラサー・アラフォーの独身の友人たちが次々と
「一人で(または親と)東京オリンピックを見るなんて嫌だ」
と言い出したことを元ネタにしている。

 

とのことで、これはかなり感情移入できそうですね。
(当方アラサー女子)

 

私も東京オリンピックが決定したとき、
開催される頃の自分の年齢は・・・と考えて
なんかゾッとしたのを覚えています〜

そんな東京オリンピックもいよいよ
4年後に迫っているんですよね。

頑張らなきゃ・・・

 

あらすじをチェック!

あの時彼がもう少しセンスが良かったらプロポーズを受けていたのに、
バンドマンの彼がもう少し芽が出る可能性があったら。
こうしていたら……、ああすれば……、
高い理想を掲げて根拠もなく仮定の話を積み上げる内に、気が付けば33歳・独身になっていた。
脚本家の鎌田倫子は、恋も仕事も上手くいかず、
高校時代からの親友である香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々を送っていた。
そんな話ばかりしていると、突然、金髪の美青年に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまう。
(ウィキペディアより)

 

〜だったら、〜すれば、って確かに言いがちですね。

共感するアラサー・アラフォー女子続出じゃないでしょうか。

女子って集まるといつの間にか
愚痴大会になっちゃうってあるあるですよね〜
気をつけたいものです・・・

【スポンサードリンク】

 

キャストについて

公式HPにてキャストが発表されています!

 

吉高由里子さん(鎌田倫子役)
独身、彼氏ナシ、仕事もイマイチの売れない脚本家。

 

榮倉奈々さん(山川 香役)
倫子の高校時代からの親友で、ネイルサロンを経営。

 

大島優子さん(鳥居小雪役)
倫子の親友で居酒屋『呑んべえ』の看板娘。

 

坂口健太郎さんKEY役)
倫子たちを叱咤する新鋭気鋭のモデル。

 

鈴木亮平さん(早坂哲朗役)
かつて倫子にフラれたドラマプロデューサー。

 

個人的に吉高由里子さん好きなので、
このドラマ楽しみにしてるんです♪

あと、このキャストを見ると、何年か前の月9の
「私が結婚できない理由」を思い出しますね。

あのドラマも結構好きでした!

 

主題歌は?

主題歌はPerfume「TOKYO GIRL」に決定しています。

 

というか、Perfumeさん3人達ももう
アラサー世代なんですね〜
なんか永遠に若いイメージ。

 

Perfumeということは、ダンスナンバーですよね?
これは、逃げ恥みたく、エンディングにダンスするんでしょうか?

 

初回放送が楽しみですね!

【スポンサードリンク】